クロスハウスとは?口コミ評判・初期費用・審査・退去について【シェアドアパートメントが魅力】

近年話題となっているクロスハウス。

実際にシェアハウスを検討されている方の中には、クロスハウスを主力に検討されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、

  • クロスハウスのサービスを詳しく知りたい
  • クロスハウスの口コミ評判は良いの?
  • なにかデメリット部分もあるはず…

このような疑問や不安をお持ちの方も多いはずです。

そこでこの記事では賃貸不動産会社に勤める筆者が、

クロスハウスの口コミ評判、サービス内容を徹底解説していきます。

  • クロスハウスとは?
  • 初期費用などの費用面
  • 審査について
  • 退去について
  • 口コミ評判
  • 良い点・悪い点

おもに上記6点について解説をしていきますのでこの記事をお読みいただければ、

「サービス内容をしっかり理解することができ、クロスハウスが合う人・合わない人」

が分かります!

ぜひ最後までお読みいただけますと幸いです。

\今だけ!初月家賃半額!/

クロスハウスとは?

クロスハウスは2007年創業のシェアハウス会社です。

管理物件数は約400物件で部屋数は約3500部屋となっています。

のべ5,000人以上が利用しており、シェアハウス業界でも大手となるシェアハウス会社です。

クロスハウスはスマートロックを導入して来店不要の契約などにも対応しており、「次世代の住まい」を提供している数少ないシェアハウスです。

シェアドアパートメントが魅力!

クロスハウスは「シェアドアパートメント」という物件シリーズを提供しています。

シェアドアパートメントは、

  • 鍵付き個室
  • シェアするのは水回りのみ
  • リビングなどの共用スペースなし

となっています。

しっかりとプライベートを守りながら、水回りのみをシェアすることで家賃や初期費用を抑えている物件シリーズです。

通常のアパートとシェアハウスの良いとこ取りをしたのがシェアドアパートメントということですね。

「シェアハウスの安さは魅力だけど、プライベートがないのは嫌だな…」

このようにお考えの方には非常に魅力的な物件シリーズです。

クロスハウスの部屋タイプ

クロスハウスには全部で4つの部屋タイプがあります。

  1. 個室タイプ
  2. ドミトリータイプ
  3. セミプライベートタイプ
  4. 家具付きアパートメント

プライベートが確保できる個室タイプ

家賃2万円台で費用が抑えられるドミトリータイプ

ドミトリータイプよりも広さとプライベートを確保できるセミプライベートタイプ

また、シェアハウスではなく、家具付きアパートもクロスハウスは選択できます。

それぞれの希望条件に合わせて部屋タイプを選べるのもクロスハウスの魅力です。

物件間の移動が無料

賃貸不動産会社に勤める筆者が一番すごいと思ったクロスハウスのサービスが、

「物件間の移動が無料でできる」

ということです。

物件間の移動が無料

  • イメージと違った…
  • ルームメイトと合わない…
  • 場所が不便…

など…実際に住んでみて「こんなはずでは…」と思うこともあるはずです。

しかしクロスハウスなら、どんな理由であってもクロスハウスの物件間の移動が無料でできちゃいます!

  • 一人暮らしが初めて
  • シェアハウスが初めて
  • 内覧しないで契約したい

このような方にはクロスハウスは特におすすめです。

東京好立地に物件が多い

さらにクロスハウスのシェアハウスは、

東京好立地に物件が多い

東京好立地の人気エリアに物件が多いです。

シェアハウス探しの重要なポイントとなる立地面でもクロスハウスの物件なら希望が叶う物件が多く、幅広い選択肢の中から物件を選ぶことができます。

6重の管理体制

また、クロスハウスは、

  1. ハウスサポーター
  2. クリーンスタッフ
  3. メンテナンス
  4. 内覧スタッフ
  5. 監査
  6. 統括役員

6重の管理体制となっています。

さらに物件にはハウスサポーターが常駐しているので、困ったことなどがあればすぐに相談できる点も安心です。

クロスハウスの初期費用

ここまで多くのクロスハウスの魅力をお伝えしてきましたが、クロスハウスは費用面でも大きな魅力があります。

クロスハウスの初期費用

ご覧のように、クロスハウスの初期費用は3万円のみとなります。

通常の賃貸契約で発生する、

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料

など…クロスハウスでは一切発生しません。

通常の賃貸契約と比べると非常に大きな差となりますね。

上記の中には日割り賃料が含まれていませんので、前払い分の賃料が3万円に加算されますが、それでも初期費用を10万円以下に抑えることできる物件がほとんどでしょう

クロスハウスは家賃も安い!

さらにクロスハウスは東京好立地に物件が多いにもかかわらず家賃2万円台の物件も選択可能です。

初期費用だけではなく、毎月の家賃を抑えたい方にもクロスハウスはおすすめです。

クロスハウスは光熱費無料!

また、クロスハウスは全物件で光熱費無料です。

光熱費を気にせず生活ができることもシェアハウスの魅力です。

クロスハウスはWifi無料!

さらにさらにクロスハウスはWifiも無料で利用が可能です。

インターネット回線も準備をする必要がありません。

クロスハウスは全物件家具家電付き!

そして最後にクロスハウスは全物件家具家電付きです。

  • ベッド
  • カーテン
  • 物干し竿(または物干しスペース)
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • ポット
  • 調理器具
  • 掃除用具

など…生活に必要なものはしっかり揃っています。

家具家電を揃える費用も抑えることができますね。

さらにクロスハウスは、トイレットペーパーなどの日用品や塩・砂糖などの調味料も揃っています。

カバンひとつですぐに快適な生活をスタートさせることができます。

\今だけ!初月家賃半額!/

クロスハウスの審査

クロスハウスの物件を契約する前に、入居審査があります。

しかし、一般的な賃貸契約の入居審査と違い、保証会社の審査はありません

また、連帯保証人も不要です。

さらに無職の方やフリーターの方でも審査が可能ですので、ほとんどの方が問題なく入居審査に通過することができるしょう。

必要な書類も、身分証と緊急連絡先となってもらう方がいらっしゃれば問題ありません。

クロスハウスには年齢制限あり

しかし一点だけ注意していただきたい点が、クロスハウスには年齢制限があるということです。

クロスハウスの年齢制限は18歳から39歳までとなります。

また、入居前の入居説明会で説明される入居ルールに従えない方は入居不可となりますのでご注意ください。

人柄審査にも注意

シェアハウスは通常のアパートよりもその他の入居者とのかかわりが深くなりやすいです。

そのため、言葉づかいや態度、身なりなども審査の対象となります。

そこまで意識をする必要もありませんが、あまりにもスタッフに対しての言葉づかいや態度が悪い方は審査に落ちてしまう可能性もございますのでご注意ください。

クロスハウスの退去について

入居する際の初期費用を知ることはもちろん大切ですが、退去する際の退去費用を事前に把握しておくことも重要です。

クロスハウスを退去する際は解約事務手数料として1万円が発生します。

(※2020年9月1日以降は15,000円+税となります)

さらに、たとえば壁に穴をあけてしまったなどの現状回復のための修繕費用が発生する可能性もあります。

このような費用が発生しないように、日頃から気を付けて生活するようにしましょう。

強制退去にも気を付ける

クロスハウスに限らず、シェアハウスではその他の入居者の配慮が重要です。

そのためクロスハウスの入居ルールを守れない入居者は強制退去させられる可能性もあります。

  • 喫煙ルールを守れない方
  • 第3者を物件に招く
  • 共用スペースの乱用
  • 設備の時間外利用
  • 騒音トラブル
  • 家賃の滞納 など…

よほどのことがない限りは強制退去されてしまうことはないと思いますが、一般的なアパートよりも上記の点は特に気を付けるべきと言えます。

クロスハウスの口コミ評判

クロスハウスの口コミ評判をTwitterで確認してみました。

 

 

 

 

 

 

 

Twitterの口コミ評判でも、

  • 物件間の移動ができる
  • 家賃が安い

上記2点のクロスハウスの大きなメリットを支持する声が多かったです。

しかし、反対に良くない口コミ評判もありました。

  • 使い勝手が悪い
  • 盗難・汚い・くさい

やはり全ての物件が心地よく生活ができる物件ではないということでしょう。

これはクロスハウスに限らず、どこのシェアハウスでも起こり得るデメリットだと思います。

ただ、このようなシェアハウスに出会ってしまったとしても、

「物件間の移動ができる」

のはクロスハウスの最大の強みです。

クロスハウスの良い点・悪い点

ここまでクロスハウスのサービス内容や口コミ評判を確認してきました。

上記の点を踏まえて、クロスハウスの良い点・悪い点をまとめていきます。

クロスハウスの良い点

クロスハウスの良い点は大きく5つです。

  1. 物件間の移動が無料
  2. 東京好立地で家賃が安い
  3. 費用面が抑えられる
  4. シェアドアパートメントが画期的
  5. 審査がゆるい

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

物件間の移動が無料

クロスハウスの最大のメリットと言ってもよいのが、「物件間の移動が無料」ということでしょう。

クロスハウス自身も住み心地保証として大きくウリとしているサービスです。

また、6重の管理体制など物件管理がしっかりしていることや、防犯カメラや女性限定物件など女性の方にも配慮した物件が多いこともクロスハウスの良い点です。

東京好立地で家賃が安い

「東京好立地で家賃が安い」

この点もクロスハウスの非常に良い点です。

実際にこの条件が良くてクロスハウスに決めた方も多いはずです。

費用面が抑えられる

また、家賃が安いだけではなく、

  • 初期費用3万円
  • 光熱費・Wifi無料
  • 家具家電付き

費用面でもメリットが大きい点もクロスハウスの良い点です。

シェアドアパートメントが画期的

一般的なアパートのプライベート空間と、シェアハウスの費用の安さを融合したシェアドアパートメント。

画期的な物件シリーズで人気が高く、今後もさらに需要が大きくなっていくでしょう。

審査がゆるい

審査がゆるく、手軽に気軽に入居しやすいことも良い点です。

一般的なアパートの入居審査と違い、ストレスなく審査に通過することできるでしょう。

クロスハウスの悪い点

続いてクロスハウスの悪い点をお伝えしていきます。

  • リビングなどの共用スペースが少ない
  • 入居者のモラルが低くなりやすい

こちらもそれぞれ解説していきます。

リビングなどの共用スペースが少ない

クロスハウスはその他のシェアハウスとは少し異なり、リビングなどの共用スペースがない物件が多いです。

クロスハウスの良い点でもある「シェアドアパートメント」も、悪く言えばシェアメイトとの交流がないとも言えます。

つまり、クロスハウスのシェアハウスは、

「交流目的でのシェアハウス」

としての強みはそこまでありません。

入居者のモラルが低くなりやすい

また、良い点として紹介をした「審査がゆるい」という点も、言い換えれば「誰でも入居できてしまう」ということにもなります。

さらにクロスハウスの場合は初期費用や家賃なども安いため尚更です。

そのため、全体的に入居者のモラルが低い傾向にあります。

口コミ評判にもありましたが、最悪のケースとしては盗難などのトラブルに巻き込まれてしまう可能性も0ではありません。

このようなデメリット部分も考慮してご検討を頂ければと思います。

まとめ

今回はシェアハウスのクロスハウスについて詳しく解説をいたしました。

クロスハウスには上記のような悪い点はあれど、

  • シェアドアパートメント
  • 物件間の移動が無料
  • 費用面の安さ
  • 家具家電付き
  • 光熱費無料・Wifi無料

など…非常に大きなメリットがあるシェアハウスです。

クロスハウスが合う人

費用面はできるだけ抑えたい

だけど個室でプライベートが欲しい

シェアメイトとの交流も控えめが良い

東京の好立地に住みたい

このような方にはクロスハウスは非常におすすめです。

さらに今なら…

クロスハウス初月家賃半額!

初月家賃半額!

キャンペーンが終了してしまうその4前に…

\今だけ!初月家賃半額!/

sponsored link