シェアハウスは安いのか知りたいあなたへ。賃貸営業マンが疑問を解決します

「シェアハウスは普通のアパートマンションに比べて安いのかな?」

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

さっそく結論からお伝え致しますと、

シェアハウスは普通のアパートマンションに比べて安いです。

特に初期費用が圧倒的に安いことが多く、

「とにかく初期費用を抑えたい!」

という方にはシェアハウスはおすすめとなります。

今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、

  • シェアハウス初期費用の安さ
  • シェアハウス月額費用の安さ
  • シェアハウスは退去費用も安い
  • シェアハウスは更新費用も安い

上記4つのシェアハウス費用の安さについて詳しく解説していきます。

この記事をお読みいただくことで、

シェアハウスはどのくらい安いのか

をしっかり理解することができますよ。

sponsored link

シェアハウス初期費用の安さ

冒頭でもお伝え致しましたように、

シェアハウスの初期費用は圧倒的に安いです。

具体的にどのくらい安いのかと言うと、

家賃5万円の物件の場合

シェアハウスの初期費用=約10~15万円
通常のアパートマンション=約20万~30万円
となります。
シェアハウスの初期費用は通常のアパートマンションに比べて1/2~1/3以下に初期費用を抑えることができます。

シェアハウスの初期費用が安い理由

シェアハウスの初期費用が安い理由は大きく下記の3点が挙げられます。
  • 敷金・礼金が掛からない
  • 仲介手数料が掛からない
  • 契約料3万円~5万円が一般的

シェアハウスの初期費用では敷金・礼金が掛からない物件がほとんどです。

さらに仲介手数料も発生しないシェアハウスが多いので、通常のアパートマンションよりも初期費用を大幅に安くすることができます。

また、シェアハウスの初期費用は、

「契約料3万円~5万円」

として初期費用を一括りにしているシェアハウス会社が多くなっています。

この契約料に加えて前家賃を含めた金額が初期費用となるケースが多いので、シェアハウスの初期費用は10万円前後となる物件が多くなるのです。

初期費用割引キャンペーンを行うシェアハウス会社も多い

また、多くのシェアハウス会社では初期費用割引キャンペーンを行っています。

  • 前家賃無料
  • 契約料無料

など…上記のような割引キャンペーンを行っている物件を狙うことで、

初期費用5万円以下

で入居できるシェアハウスも存在します。

「とにかく初期費用を抑えたい!」

このような方はシェアハウスを中心に検討されると希望の物件に巡り合える可能性が高まります。

sponsored link

シェアハウス月額費用の安さ

続いてはシェアハウスの月額費用の安さについて解説をしていきます。

月額費用に関してはエリアによって賃料相場が大きく異なりますが、ひとつ例を挙げますと、

東京のシェアハウスの家賃相場
賃料65,000円+共益費10,000円
東京23区の賃貸物件の家賃相場
賃料93,000円+共益費5,000円
東京の家賃相場で比較すると通常の賃貸物件に比べて23,000円ほど家賃を抑えることができます。

シェアハウスは水道光熱費・インターネット無料

家賃だけを見てもシェアハウスは通常の賃貸物件よりも安く抑えることができます。

しかしシェアハウスはさらに、

水道光熱費・インターネット無料

となる物件がほとんどです。

そのため、目に見える家賃よりもさらに月額費用を安く抑えるられることになります

さらにシェアハウスは家具家電付き!

さらに多くのシェアハウスでは、

家具家電付き

となる物件がほとんどです。

そのため、家具家電を買い揃える費用や手間を大きく省くことができます。

また、家具家電だけではなく、

日用品や調理器具、調味料

なども無料で利用できるシェアハウスが多く、通常の賃貸物件に比べて大きく月額費用を抑えることができるでしょう。

sponsored link

シェアハウスは退去費用も安い

シェアハウスは退去費用も安い

シェアハウスは初期費用や月額費用だけではなく、退去費用も安いです。

シェアハウスの退去時クリーニング費用の相場は1万円となっています。

通常の賃貸物件の1R・1Kのクリーニング費用の相場は3万円~4万円ですから、多くのシェアハウスでは通常の賃貸物件よりも退去費用を安く抑えることができるでしょう

ただし、退去費用には原状回復費用が発生するケースもございます。

原状回復費用とは、

  • 壁に穴をあけてしまった
  • 床にキズを付けてしまった
  • 設備を壊してしまった

など…入居者の故意過失による損耗破損を修繕する費用のことです。

このような原状回復費用が発生してしまうと高額な退去費用となってしまう可能性もございますのでご注意ください。

sponsored link

シェアハウスは更新費用も安い

通常の賃貸物件では、

「2年ごとに賃料1ヶ月分の更新料」

が発生する物件が多いです。

しかし多くのシェアハウスの契約では、定期借家契約という更新のない契約内容となるため、

そもそも更新料が発生しない

という物件がほとんどです。

2年以上の長期で入居をお考えの方にも、シェアハウスはおすすめと言えるでしょう。

まとめ

今回は「シェアハウスは安いのか」について詳しく解説をいたしました。

シェアハウスは通常の賃貸物件に比べて、

  • 初期費用
  • 月額費用
  • 退去費用
  • 更新費用

上記4つの費用を安く抑えることができます。

現在お部屋探しをされている方の中には、

「費用面を最も重要視されている方」

も多くいらっしゃることと思います。

そのような方には

「シェアハウスの費用面の安さ」

は非常に魅力的となるでしょう。

下記の記事ではさらに詳しくシェアハウスの費用について解説をしています。

よろしければ参考にご覧ください。

あなたがより良いシェアハウスに出会えることを祈っています。

家賃で諦めずに、理想の場所へ住もう
出典:unito公式サイト

家を利用しない日は、ホテルとして貸し出すことで、家賃が下がる

今までにない最先端の暮らしができるのが「unito(ユニット)」です。

実家から都内へ通勤している人

平日は会社、休日は実家で過ごす人

旅行が趣味で家を空けることが多い人

上記のような人にユニットのサービスは特におすすめです。

家をシェアして家賃を節約
出典:unito公式サイト

ユニットの物件は外泊する日数が多くなるほど家賃が安くなります

ユニットは初期費用も安い
出典:unito公式サイト

さらにユニットなら、

敷金礼金も水道光熱費も、退去費用も掛かりません

また、最短1ヶ月から利用できるので、

  • 少しの期間だけ利用したい人
  • お試しで利用してみたい人

にもおすすめです。

ユニット物件画像
出典:unito公式サイト

ユニットはシェアハウスのように共用する設備が多い分、豪華な設備が多い点も特徴です。

人気の都心で、最先端の暮らしをしてみませんか?

ユニット新生活応援キャンペーン
出典:unito公式サイト

5月まで新生活応援キャンペーン実施中です。

まずはユニット公式サイトでどんな物件があるかご確認ください。

\今だけ!基本利用料40%OFF!/

※クリックするとユニット公式サイトへ移動します

sponsored link