ボーダレスハウスについて知っておきたい6つのこと【国際交流シェアハウス】

ボーダレスハウスは日本・台湾・韓国の3か国で展開しているシェアハウス会社です。

物件数は約110物件あり、総部屋数も1200部屋以上あります。

ボーダレスハウスは、

「外国人と一緒に暮らす国際交流シェアハウス」

として国際交流に最も力を入れているシェアハウスです。

今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、

ボーダレスハウスについて知っておきたい6つのこと

をお伝えしていきます。

  1. 特徴
  2. 初期費用
  3. 審査
  4. 退去
  5. 口コミ評判
  6. 良い点・悪い点

上記6つのことについて詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことでボーダレスハウスについてしっかり理解することができますよ。


ボーダレスハウスの特徴

まずはボーダレスハウスの特徴について詳しく解説をしていきます。

ボーダレスハウスの特徴は下記のとおりです。

  • 国際交流が持てる
  • イベントも豊富
  • 家具家電・インターネット付き
  • 物件移動が可能

ひとつひとつ解説してきます。

国際交流が持てる

国際交流シェアハウス

冒頭でもお伝えしたように、ボーダレスハウスの最大の特徴は、

しっかりと国際交流が持てることです。

ボーダレスハウスでは入居者の半数が必ず外国人となるように調整をしています。

ですので、

「国際交流を求めてシェアハウスを選んだけど外国人の方がいない…」

といったことが避けられます。

  • 国際交流を持ちたい方
  • 日常的に英語と触れ合いたい方

このような方には特におすすめなシェアハウスです。

イベントも豊富

また、ボーダレスハウスではイベントも豊富に行われています。

  • 運動会
  • ハロウィンパーティー
  • クリスマスパーティー
  • ボウリング大会

など…交流を深められるイベントが多く開催されているのも大きな魅力です。

家具家電・インターネット付き

また、ボーダレスハウスでは

全物件家具家電・インターネット付き

となっています。

  • エアコン
  • ベッド
  • 机、椅子
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • トースター
  • 掃除用具

物件によって多少異なりますが、基本的な家具家電はしっかり揃っています。

家具家電を購入する費用や手間を大きく省くことができます。

また、入居してすぐにインターネットが利用できるのも嬉しいですね。

物件移動が可能

さらに、ボーダレスハウスの特徴として、

物件移動が可能となります。

  • シェアメイトと上手くいかない…
  • 思っていたのと違っていた…

このような時でもボーダレスハウスでは15,000円の手数料を支払うことで物件の移動が可能です。

さらに同じ物件の違う部屋に移動したい場合は、5,000円の手数料で違う部屋に移動することも可能です。

万が一のケースでもボーダレスハウスなら安心ですね。

ボーダレスハウスの初期費用

続いてボーダレスハウスの初期費用について詳しく解説をしていきます。

ボーダレスハウスで発生する初期費用の項目は下記のとおりです。

  • 賃料
  • 共益費
  • 礼金3万円
  • 保証金2万円

多くのシェアハウスでは、前家賃以外の費用で3万円~5万円となります。

ですのでボーダレスハウスの初期費用はおおよそ相場通りと言えるでしょう。

ボーダレスハウスの平均的な賃料+共益費は6万円~8万円前後となります。

よってボーダレスハウスの初期費用の総額は10万円~15万円前後でおさまる物件が多いです。

ボーダレスハウスの審査

ボーダレスハウスに入居する際には入居審査があります。

ボーダレスハウスの審査では親族の方で連帯保証が必要となります。

家賃を支払っていける方であれば、審査に落ちてしまうことはほとんどありません。

しかしながら、シェアハウスの審査では人柄の審査も重要視されます。

問い合わせや内見時のスタッフに対しての言葉づかいや態度には気を付けるようにしましょう。

入居制限に注意

ボーダレスハウスにはいくつかの入居制限があります。

  • カップルでの入居不可
  • 夫婦での入居不可
  • 既婚者の入居不可
  • 18歳~35歳までの入居

「ハウス全体で一つの家族のようなコミュニティを創っていただきたい」

というボーダレスハウスの想いからカップルや夫婦、既婚者の方の入居が不可となっています。

また、18歳から35歳までの年齢制限もございます。

上記の入居制限にはご注意ください。



ボーダレスハウスの退去

ボーダレスハウスを退去する際は、退去申請フォームから退去申請を行います。

ただし退去申請は30日前申告となります。

退去申請をしてから30日間は家賃が発生しますのでご注意ください。

退去希望日から30日以上前に退去申請をすることで、無駄な家賃を支払わずに退去することができます。

また、60日以上前に退去申請をすることで早期通知謝礼金として10,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

退去希望日が早めに決められるようなら早めの退去申請をしてお得に退去することができますね。

ボーダレスハウスの退去費用

ボーダレスハウスの退去費用は、初期費用で支払った保証金から5,000円~10,000円のクリーニング費用が差し引かれます

残った保証金は返金される形となります。

しかしながら、

  • 壁に穴をあけてしまった
  • 設備を壊してしまった
  • 床を傷つけてしまった

など…故意過失による修繕が必要な場合、原状回復費用としてさらに保証金から差し引かれる可能性がありますのでご注意ください

ボーダレスハウスの口コミ評判

ボーダレスハウスの口コミ評判をTwitterからまとめました。

ボーダレスハウスのTwitterでの評判はかなり良かったです。

やはり国際交流がしっかり持てるという点が高く評価されている意見が多かったですね。

また、ボーダレスハウスの公式サイトにも入居者の声が多く集まったページがあります。

よろしければ下記の公式サイトの口コミ評判もご覧ください。

ボーダレスハウス公式サイト「入居者の声」

ボーダレスハウスの良い点・悪い点

最後に、ボーダレスハウスの良い点・悪い点をまとめていきます。

ボーダレスハウスの良い点

  • 国際交流が持てる
  • 家具家電・インターネット付き
  • 口コミ評判が良い

ボーダレスハウスの一番の良い点は、国際交流が持てることです

入居者の半数以上が外国人の方となるので、日常的に国際交流を持つことができます。

英語の勉強を兼ねてボーダレスハウスに入居する人も多いです。

また、家具家電・インターネット付きも嬉しいサービスですね。

さらにボーダレスハウスの口コミ評判は良いので、安心して入居することができます。

ボーダレスハウスの悪い点

  • 外国人の入居者が多い
  • シェアメイトとの交流が多い
  • 費用面は安くはない

ボーダレスハウスは外国人の方の入居者が多いので、

「国際交流はあまり持ちたくない」

という方には不向きのシェアハウスです。

また、イベントなども多く開催されており、シェアメイトとの交流も多めですので、あまりシェアメイトとの交流を求めていない方にも不向きとなります。

費用面に関しても高くはないものの、安くはありませんので、費用面重視でお探しの方にも不向きになりやすいです。



まとめ

今回はボーダレスハウスのシェアハウスについて詳しく解説をいたしました。

ボーダレスハウスはコンセプトどおりに、

国際交流をしっかり持つことができるシェアハウスです。

「国際交流を持ちたい!」

「日常的に英語と触れ合いたい!」

このような方には特におすすめのシェアハウスとなります。

まずは公式サイトで最新の物件情報を確認してみてくださいね。

東京の人気エリアに格安で住む方法

東京の格安・好立地シェアハウスをお探しなら…

クロスハウスが人気です。

  • 東京好立地で家賃が安い
  • 初期費用3万円
  • 家具家電付き
  • 光熱費・Wifi無料
  • 物件間の移動が無料

家賃は2万円台から!

初期費用も安く、費用面を抑えたい方におすすめです。

もちろん家具家電付きで光熱費・Wifi無料となっています。

さらにクロスハウスなら、

物件間の移動が無料

物件間の移動が無料で可能となっています。

初めてシェアハウスに入居される方でも安心ですね!

さらに今なら…

クロスハウス初月家賃半額!

初月家賃半額!

キャンペーンが終了してしまうその前に…

\今だけ!初月家賃半額!/

クロスハウスについてさらに詳しく知りたい方は下記をご覧ください!
関連記事

近年話題となっているクロスハウス。 実際にシェアハウスを検討されている方の中には、クロスハウスを主力に検討されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、 クロスハウスのサービスを詳しく知りたい […]

クロスハウスとは?
sponsored link